ubu gohan

おいしいごはんで贈る幸せなじかん

出産内祝い用のお米ギフトのブランディングです。ブランドコンセプト立案から、ネーミング、パッケージデザインまで全て担当。日本には古来より、「産飯」という習慣があります。子供が生まれた時、お米を炊いてお世話になった人などにも食べてもらうと、赤ちゃんがよく育つと言われる言い伝えです。「ubu gohan」のコンセプトは、“想いをのせて贈るお米”。遠くにいる大切なひとと、喜びを分かち合い、お米を食べる「幸せな時間」を共有できる新しい形の習慣を提案しました。パッケージは、新しい命の誕生を、カラフルな空をイメージしたグラフィックで表現し、厳選された日本を代表する銘柄米たちを、色鮮やかに包み込むことで、昔ながらで全く新しい驚きのあるものを目指しました。

クライアント
カテゴリ
クレジット
ディレクター:熊谷英之
デザイナー:山根彩希
公開年