福原農園ブランディング

ぶどうで みんなをハッピーに。

岡山県和気町のぶどう農家さんのロゴ、化粧箱、パンフレットなど一式をデザインしました。園主の福原さんには、農家の高齢化による、後継者不足が進む中、農業の面白さをこれから農業を目指す人に伝えることで地域の農業を活性化させたいという思いがありました。そこで、ぶどうを育てる人、贈る人、もらった人、農家を目指す人、地域の人などみんながハッピーになれるような農園を目指そうと、農園名が「福原農園」と名前に「福」があることから、FI(ファーム・アイデンティティ)に『ぶどうでみんなをハッピーに。』という言葉を提案、それを軸にデザインを進めました。ステンドグラスをイメージしたデザインは、紙を切り貼りして切り絵のように、バランスを調整しました。色は、ぶどうや、和気の緑や空などをイメージした楽しい色使いで、ぶどうが届いたときにもらった人がハッピーな気分になれるようなものを意識しました。また、ロゴには福原農園のヤギさんたちをさりげなくあしらい、楽しい雰囲気にしました。

クライアント
カテゴリ
クレジット
アートディレクター: 熊谷英之
デザイナー:熊谷英之、金芷娟
公開年