1. トップ
  2. その他
  3. お家でまったり!この土日にみるべきドラマ5選

お家でまったり!この土日にみるべきドラマ5選

- その他

はじめまして、デザイナーのいかです。自粛が続きそろそろ土日もお家ですることないなあ〜なんて思ってはいませんか?今回は今週の土日にさっそくみたくなっちゃうようなコメディ・ハートフル系のドラマを新旧問わずに5選紹介します。声を出して笑って、ドラマから元気をもらっちゃいましょう!

1. 働くことは、生きること「ハケンの品格」

どんなお仕事も一筋縄ではいきませんよね。そんな時におススメのドラマがこちら2007年に放送された「ハケンの品格」です。

主人公の大前春子(篠原涼子)は派遣社員として特Aランクの評価を受けるスーパー派遣。派遣社員にスキルを求めず雑用として扱う正社員と対立をしながらも、様々な困難をスーパースキルで乗り越え、次第に正社員たちを認めさせていく。正社員と派遣社員の対立、上司に気に入られる為に働く正社員と、いつ切られるかわからないそんな不安な気持ちを持ち続ける派遣社員の対局な社会模様をコミカルに描きます。

https://www.ntv.co.jp/haken2020/

派遣社員の春子が正社員を言い負かす姿はスカッとすること間違いなし!正社員の悔しそうな顔にはおもわず笑ってしまいます。また、仕事はできるが無神経な東海林主任(大泉洋)と、優しいがなんだか頼りない里中主任(小泉孝太郎)との三角関係恋模様!?もお忘れなく。

笑いあり、大笑いありのドラマですが、このドラマの伝えたいことはひとつ。タイトルにある通り「働くことは、生きること」です。

働いている人は正社員・派遣社員に関わらず、それぞれ大変な事を抱えていると思います。本作は派遣社員だけではなく『様々な立場で働く人たち』『生きる人たち』の気持ちに語りかけてくるのが見どころです。そしてなんと今年の春、伝説のスーパー派遣が復活します!続編は近日放送予定です!お楽しみに!

2. 朝ドラ、大河だけじゃない!NHKが送る「これは経費で落ちません!」

朝の連続ドラマ小説や大河ドラマだけではありません!NHKが送る『ドラマ10』(毎週金曜日夜10時)で2019年に放送された、石鹸メーカーの経理部に務めるアラサー独身女子が舞台のドラマ「これで経費は落ちません!」。原作は、青木祐子先生の同名ライト文芸シリーズです。

https://www.nhk.or.jp/drama/drama10/keihi/
主演の多部未華子演じる、森若沙名子は経理部に所属するOL。仕事は優秀で、私生活も完璧な堅物。マイペースを崩さぬよう人と距離を置き、恋には奥手。座右の銘は、余計な事に手を出さない意味の「ウサギを追うな」(HPより)

彼女自身の元に舞い込む領収書や請求書からは、思わぬ人間模様が見えてきます。世間を揺るがすほどの大事件が起こるわけではありませんが、経理という立場から見る会社のこじれた社内の人間関係を「これは経費で落ちません!」とお決まりのセリフとともにゆるりと解決していきます。

本作で注目したいのはドラマの面白さも一番ですが、個性あふれる魅力的なキャスト陣!アクの強い脇役たちには、経理部の同僚に伊藤沙莉や江口のりこ。経理部部長の吹越満と、営業部部長の東京03角田晃広の愛のあるいがみ合いに思わずニヤニヤしてしまいます。そしてやっぱり一番は奥手なヒロインに思いを寄せる相手役、「知らなくてイイコト」で相当なゲスっぷりを怪演したジャニーズWESTの重岡大毅。こちらでは誠実な好青年っぷり!控えめにいっても最高です。

3. 古沢良太氏が産んだ怪物、古美門研介「リーガル・ハイ」

お腹を抱えて笑いたいならこのドラマ。大王道!弁護士コメディドラマ「リーガル・ハイ」をオススメします!2012年に1期、2013年に2期、そしてスペシャルは2回も放送され根強い人気を誇ります。『相棒』シリーズや『コンフィデンスマンJP』、『ALWAYS 三丁目の夕日』シリーズ『キサラギ』など大人気ドラマや映画の脚本を手がける古沢良太氏が産んだ怪物主人公が、古美門研介(堺雅人)。

訴訟で一度も負けたことがない敏腕弁護士・古美門研介と真面目で正義感の強い新米弁護士・黛真知子(新垣結衣)の2人が繰り広げるコメディタッチの法廷ドラマです。(Wiki参照)

「正義は金で変える、金をもってこい!」

古美門研介は金さえ積まれればどんな裁判も無罪へ導く、法曹界の嫌われ者。早口で毒舌、駆け引きや策謀はお手の物、人の神経を逆なでさせることが“とっても”上手な敏腕弁護士。

この古美門研介が世の中の不条理を、違法寸前の圧倒的弁論技術で、時には真実を暴き、時には真実をも捻じ曲げます。あなたが相手弁護士であればそんなのあり?!とおもわず裁判官に異議あり!と訴えたくなることでしょう。

また法廷ドラマならではの社会問題への喚起も感じられます。どの問題も実に興味深く、人ごとではないはず。コメディと共にある、思わず胸を打たれる数々のシーンも必見です。きっとあなたも古美門研介に騙され、そして彼を好きになると思います。

毎回ゲストで出演する豪華な俳優陣も見どころの一つです。また堺雅人といえば、今春ついに『半沢直樹』も帰ってきます!そちらと合わせてご覧いただくと、実は面白いパロディに気づくかも!?

4. おもわず料理をしたくなる!「きのう何食べた?」

外食もできない、今日のご飯どうしようかな〜と思ったら、ぜひこのドラマをご覧ください。おもわず料理がしたくなってしまうドラマ「きのう何食べた?」です。原作は『大奥』でおなじみのよしながふみ先生の同名漫画。すでに漫画が有名であるため、放送前から高い注目を得ていました。こちらはいままでご紹介した三作とはうってかわって、日常生活がメインのドラマです。ほのぼの癒し系度合いで言えばダントツの一位!

https://www.tv-tokyo.co.jp/kinounanitabeta/

弁護士のシロさん(西島秀俊)と、美容師のケンジ(内野聖陽)の、アラフォー同性カップルの何気ない日常と暖かい食卓風景を描きます。時にはゲイであることに対し偏見の目で見られほろ苦い気持ちも感じさせながらも、ふたりのやりとりにやさしい気持ちになれるハートフルドラマです。そして何と言っても出てくるおいしそうな料理の数々!見終わった後はちょっと料理が上手になったような気さえします。

現今、LGBTを扱ったドラマは数多くありますがその中でもこのドラマは、LGBTを特別な存在として扱わず、多くの視聴者の日常とほぼ変わらない視点で描かれています。だからこそ多く人々の共感を誘ったドラマとも言われています。

隠れた見どころはなんといってもケチ、いや、シロさんの倹約家なところです!シロさんは、節約しておいしい料理を作ることを一日の楽しみとしています。シロさんの倹約家っぷりは私も見習わなければと!そして劇中のナカムラヤ(スーパー)の安さと言ったらないです!近所にナカムラヤできてくれ〜〜!

今年の一月にお正月スペシャルの放送を経て、ついに2021年に映画化されます!あったかい食事と一緒にほっこりしましょう!

5. 満を持してご紹介したい一作「俺の話は長い」

https://www.ntv.co.jp/orebana/

ヘリクツの天才(生田斗真演じる主人公)が奏でる究極の家族愛、味わいの深いホームコメディドラマ「俺の話は長い」です。

脚本はあの『プロポーズ大作戦』、近年では『もみ消して冬、我が家の問題なかったことに』などを手がける金子茂樹氏の最新作。(2019年度放送)

主人公、岸辺満(生田斗真)は、大学中退後コーヒーにはまり起業したものの失敗。6年間前から無職でニート。喫茶店を営む母、房枝(原田美枝子)に寄生しながら暮らす31歳。ある晩、姉の綾子(小池栄子)がマイホームの建て替え完成までの3か月間、夫の光司(安田顕)と娘の春海(清原果耶)と一緒に岸辺家に転がり込んできた。姉家族と同居することになり突然5人家族に?満のニート生活は一体どうなるのでしょうか!?

華やかさとは一転、平凡などこにでもありそうな家族の話題をテンポのいい掛け合いの会話劇で展開されており、1時間ドラマですが『30分の2本立て』で構成するという新しい試み、日本のドラマに革命を起こす一作!ドラマ界の風雲児と言っても過言はないです!(著者調べのため信憑性は無し)

第一話、同居する許可を取り付けるためにやってきた綾子が晩御飯にすき焼きを提案したことに対して、すき焼きが嫌いな満は、

「オレに相談に来といてすき焼き出すのはあり得ないよね。何か手土産を持って行こうと思ったら相手の好き嫌いを入念にリサーチするでしょ?クライアントの嫌いなものを贈るってビジネスの世界で一番やっちゃいけないことだからね」(満)
「ニートの分際でビジネス語るんじゃねぇよ!」(姉の綾子)
(HPより)

もうお分かりでしょうか?満がよく喋ります。本当に長々とよく喋ります。(タイトルの回収です)よくもまあ、屁理屈や自説がここまででてくるかというほどめんどくさい男なのです。でも憎めないのは、その屁理屈が時々『なるほど、確かに一理あるな…』と思わせてしまうところ。その屁理屈で騙したり人を不幸にしたりはしません。あくまで『自分が働かないこと』を正当化するために発している屁理屈の数々なのです。

また注目して欲しいのが、満が綾子を言い負かしたときに見せるドヤ顔。本当にいい表情で私は思わず声をだして笑ってしまいました!傑作です!

そして、最後に一言だけ…

生田斗真のニート姿なんて…ここでしか見られませんよ!!

ここまで読んで『味わい深い?ホームコメディドラマとは?』とお思いでしょう。なぜそう言われているのかは、ぜひご覧になって確かめてみてください!

以上、私の好みに偏ったドラマ特集をお送りしました!今期もたくさんのドラマがありますが、毎週の楽しみを糧にみなさん一緒にこの春を乗り越えていきましょう!それではまた次回もお楽しみに!

関連するブログ