1. トップ
  2. レポート
  3. Adobe MAX JAPAN 2018へ行ってきました

Adobe MAX JAPAN 2018へ行ってきました

- レポート

デザイン制作には欠かせないAdobe製品。そんな世界のAdobeが毎年アメリカにて開催する世界最大級のクリエイティブ・カンファレンス、それがAdobe MAXです。世界中からクリエイターが集結するいわば“クリエイティブのお祭り”なのですが、さすがに本国アメリカには行けず・・・。パシフィコ横浜にて開催されるAdobe MAX JAPAN 2018へ行ってまいりました。

pass banner

年に一度のAdobe最大のクリエイティブイベント、Adobe MAX

1.選びきれないほどのセッション

現地では大小様々な10ものステージで著名な方々によるセッションが開催されていたのですが、面白そうなものばかりで身体が足りない・・・。
悩みに悩んだ末、Adobe製品の中でも個人的に注目しているAdobe XDのお話しを聞くことに。

green

各ステージでは製品毎に様々なセッションが開催

ワイヤーフレーム作成ツールとして登場したXDですが、登場から2年以上が経ちデザインツールとして導入するデザイン会社も増えているようです。共有機能などによるクライアントとの連携はもちろん、ワークフロー自体を効率化する為にどのようなツールを使うのか、という視点で選ばれたXD、というお話しもありチームで行うクリエイティブにおける共通事項の大切さを改めて実感致しました。

XD

WEBデザインでは圧倒的に力になれるうえに、動作も軽いAdobe XD

2.現地で一番驚いた機能

これは到着時に途中から参加したセッションで見たIndesign CCの機能なのですが、PDFに記入されたコメントをIndesign上で確認できるという神機能・・・。文字では伝わりにくいので動画でご覧ください。

今まではPDFで修正箇所を目視して確認、Indesign上で修正していたのですが、それがなんとIndesign上で取り込めるという、パッと見はとても地味な機能なのですが現場では大歓声間違いなしです。(多分)

手書きで赤入れしスキャンで戻す方法もありますが、どうしても見逃す箇所も出てきてしまいます。PDFへのコメントだと一覧で表示されるので修正漏れ、伝達漏れを減らすことができます。

T3デザインではIndesignを使う業務は少ない方なのですが機会があれば是非利用したい機能です。

3.会場には遊び要素も

様々なセッションが行われていた会場ですが、もちろん遊び心溢れたブースも多数。特におもしろかったのが計8社のフォント制作会社が集まったAdobe Fonts Factoryエリア。

株式会社モリサワ、視覚デザイン研究所、スキルインフォメーションズ株式会社、字游工房、フォントワークス株式会社、砧書体制作所、大日本印刷株式会社、アドビ システムズ 株式会社によるフォント関連の展示や体験ブースなのですが、画面に移るルーレットを写真に撮り、見事収められた内容で行う貂撮りみくじが大盛況でした。

画面をスマホのカメラで収め、表示された会社のブースへ行き、撮影した写真を提示すると点数によってノベルティがもえらえるのですが、これが楽しくて何度もOKなのをいいことにFonts Factoryエリアの写真を撮ることを忘れてひたすら貂撮りみくじをやっていました。

私は何をしに行ったんでしょうか・・・。

font

ちゃっかりトートバッグをゲットしましたがブースの写真を撮りそびれた事実、後戻りできません

4.非デザイナーでも楽しめるLightroom CC

Adobe XDのセッションともうひとつ、Lightroom CCのセッションにも参加してきました。以前から頻繁に使用しているのですが、実は写真編集ソフトであるLightroomは非デザイナーの方でも楽しめるオススメのアプリケーションです。

lr_logo

と言うのも、モバイル版アプリケーションではAdobeアカウントは必要ですが基本機能は無料の為、、Lightroom CCモバイル版もiPhone or Androidをお持ちであればどなたでも使用できます。

Lightroom CC iPad版
Lightroom CC iPhone版
Lightroom CC Android版

まずはLightroom CCってどんなアプリケーションなの?ということですが写真補正に長けている編集ソフトです。こちらの動画では有料版にアップデートされているので若干機能が増えてはいますが面白いくらいに画像が綺麗になっていきます・・・。

操作は非常に簡単なので、非デザイナーの方でもモバイル版であれば難しい操作をすることなく写真補正を行うことができます。
参考としてT3デザインの近くにオープンした夜の渋谷ストリームを撮影して簡易的に補正してみました。

stream_lr

渋谷駅新南口すぐの渋谷ストリーム。レモネード屋さんが大人気です。

補正前と補正後を比べてみます。

stream

どんなに触ってもデータは壊れないのでお好みの色味を探すがおすすめです

変化が分かりやすいようにやや過剰に色を補正していますが、無料版でできる範囲の補正です。カメラはiPhone XなのですがiPhone6s以降はJPEGではなくRAW撮影ができるので、RAW撮影に対応しているLightroom CCのカメラで撮影することでより綺麗な補正を行う事ができます。

携帯カメラ1台でここまで出来るようになってしまったのでちょっとした観光程度はスマホさえあればデジカメは不要なケースもますます増えてきそうです。

5.Adobe MAX JAPAN 2018をアーカイブで

Lightroom CCの件で話しが逸れてしまいましたが、Adobe MAX JAPAN 2018は本当に会場中が刺激的な雰囲気でした。実は今回初めての参加だったのですが、来年はT3デザインみんなで会場へ行きたいですね。(仕事の都合がつけば・・・)

当日会場に行けなかった方の為に、セッションがアーカイブ化されているのでこちらのページでもご覧になれます。1コマあたり50分ほどなのでそれなりのボリュームですが全てのセッションを見ても面白いと思います。

今回はAdobe製品でしたが、それに限らず日々移り変わって進化していくテクノロジーを理解し、新たなツールも意欲的に導入してながら業務の効率化とクリエイティブの向上に繋げていきたいですね。

今までのT3デザインのサイトではこのような記事はありませんでしたが、今後どこかのイベントに参加した際はまたレポート記事をアップしたいと思います!

関連するブログ