1. トップ
  2. 知識・ノウハウ
  3. T3おすすめの2020冬アニメ!

T3おすすめの2020冬アニメ!

みなさんこんにちは。マーケティング担当のTです。今回は息抜きブログとして、社内のアニメ好きデザイナーかわしと共に、個人的2020年冬アニメをピックアップしていきたいと思います!2人とも思いっきり主観ですがそこはご了承くださいませ。

1. 映像研には手を出すな!

いきなり本命ですが、3人の女子高生がアニメ制作に奮闘する、月刊!スピリッツにて連載中の人気漫画原作のアニメ化です。監督には「ピンポン THE ANIMATION」「夜は短し歩けよ乙女」などを手掛けた湯浅政明監督ということで見ないワケにはいきません!登場人物3人による"空想"の表現には水彩画風のタッチを用いるなど、アニメならではの視聴者とのコミュニケーション方法も面白いです。原作漫画を読んでいなくても楽しめると思いますので是非お気軽に見て頂きたい…。まだ2話なので追い付けます!(FODにて配信中です)
アニメ公式サイトのメニューの動きもかわいいです。

2. ドロヘドロ

こちらも漫画原作、2019年に18年間の連載に幕を下ろしたダークファンタジー作品。正直かなりアクが強く、好き嫌いは分かれると思いますがIKKIらしい、ぶっ飛んだカオスな世界観は映像化不可能と言われていたほど。制作会社はMAPPA、シリーズ構成・脚本にはアニメ進撃の巨人やBANANA FISHを手掛けた瀬古浩司さん、美術監督・世界観設計にはスチームボーイや鉄コン筋クリート、血界戦線などで美術監督を手掛けた木村真二さんという「絶対最高でしょ!」という布陣が揃っています。公式サイトもカオスです。

魔法によって頭をトカゲに変えられたカイマンが仲間のニカイドウと自分の記憶を取り戻そうとする…というのが大まかなストーリーなのですが、登場人物を始め物語の世界観がとにかく独特です。原作ファンの方はもちろん、知らなかった人にもまずはティザー映像をご覧頂きたく…。「おっ」となった方はその世界観にズブズブとハマっていくこと必至です。元々原作ファンの多さもあり、個人的には映像研と並んで今期の期待値の高いアニメトップクラスだと思っています。

また、現在渋谷の紀伊國屋書店新宿本店にてポップアップストアがオープンしています(2020年3月1日まで)。Hungry Bugのパーカーが欲しい…。ちなみに私の一番好きなキャラクターはギョーザ男です。

地上波だと先述の映像研には手を出すな!と放送時間が丸かぶりしているので配信なり録画なりをうまく使って見ましょう!

3. 恋する小惑星(アステロイド)

打って変わってこちらは安心して見れる枠、まんがタイムきららキャラット連載中の高校の地学部を舞台にした、優しい気持ちで見ることができるアニメです。天文学という専門分野を扱った、わりとニッチな題材ですが絵柄も相まってすんなり見れるのですが、星空は実際の星空を再現していたり、双眼鏡などの道具はメーカーと協力していたり、さらにはあのJAXAも…というかなり"ガチ"な内容です。

恐れながら原作は読んでいなかったのですが、これは視聴継続です…もしかしたら天文ブームが来るかもしれない…。今後、急に「小惑星を探す」というブログがアップされたら察してそっとしておいてください。よろしくお願いします。

TVアニメ「恋する小惑星」公式サイト

4. ソマリと森の神様

いつのまにかT3のフリー素材になっていた、かわしです。 ここからは、T先輩に変わりまして私が紹介していきたいと思います。

まずは、こちらの異世界感たっぷりの作品。原作は暮石ヤコさんによる漫画で、ウェブ漫画配信サイト『WEBコミックぜにょん』にて連載中で、私は漫画はまだ読んでいないのですが評価はかなり高い様子。簡単なあらすじとしては、人間がほとんど絶滅し、人外達に支配された世界で、人間の少女・ソマリが森の番人であるゴーレムと旅をするという物語。ソマリはゴーレムを「おとうさん」と呼び、ゴーレムは自分を父として慕ってくれるソマリのために彼女の両親を探そうと森を出る。ただし他の生き物には人間ということは絶対に秘密で...というもの。予告からもう泣く気しかしない!と1話を視聴してみました。

どうして人間はいなくなってしまったのか?ソマリは人間ということを隠し、どのようにして生きていくのか。そしてソマリの頼りにしているゴーレムの寿命はもう...次から次へと出てくる謎にどっぷりはまってしまいました。
優しいタッチのキャラデザインと音楽、世界観が既に作り込まれていて、なんだこれは...映画か?と思ってしまうほど。もう一週間が待ちきれません。

TVアニメ「ソマリと森の神様」公式サイト

5. 八十亀ちゃんかんさつにっき にさつめ

最後はこちらの名古屋弁の女の子がヒロインのアニメです。 せっかくなので、名古屋出身の私からテンション高く名古屋弁で紹介させてください...。

あの大人気アニメの2期がやるんだがね!え?もしかして知りゃにゃーの? 『八十亀ちゃんかんさつにっき』 っちゅうのは、東京から愛知に引っ越してきた主人公の視点を通じて、八十亀ちゃんの話す名古屋弁を楽しんだり、東海地方のいいところや変なところ(?)を紹介するご当地漫画が原作なんだがん。著者の安藤正基さんが息抜きでTwitterに投稿した4コマ漫画が、あっちゅうまにコミック化・アニメ化しとったもんで、びっくりだわ〜。5分アニメだからテンポよく進まっせるし、名古屋人への愛と偏見がぎゅっと詰まっとって、知っている人も知らない人も楽しめるんじゃにゃーの?実際こんなに訛っとるのは、おじいちゃんおばあちゃんしかおりゃーせんけど...

ちなみに八十亀ちゃんの名前の由来は"久しぶり"っちゅう意味の、"やっとかめ"から来とるよ!2017年には名古屋市の「観光文化交流特命大使」にも起用されとるし... 興味あったらいっぺん見てみやぁ〜

TVアニメ『八十亀ちゃんかんさつにっき 2さつめ』

以上、名古屋弁伝わりましたでしょうか?
今期もたくさんのアニメがありますが、毎週の楽しみを糧に仕事も頑張っていきたいと思います!それではまた来期(?)もお楽しみに!

関連するブログ