グラフィックデザイナーの声

2018年度新卒入社川島 綾華Ayaka Kawashima

  • T3デザインを志望した理由

    欲張りで何でもやりたがりなので、とにかく多くのジャンルの仕事に関わりたいと思っていました。Webなどで実績を見て、パッケージだけでなく、店頭展開やプロダクトなどの幅広いデザインをしているところにとても魅力を感じました。

  • T3デザインでどんな仕事をしたいか?

    パッケージや店頭展開、とにかくたくさんのデザインに関わり、多くの人が足を止めるようなものをつくりたいと思っていました。また、自分のデザインしたものに対して、お客様に褒めてもらっているのを偶然耳にしてしまうことが夢でした。

  •    

    T3デザインに入社して感じたこと

    初めてのことばかりで少し不安に思っていましたが、なんでも丁寧に教えていただけました!自分のやりたいこと、知りたいことを伝えれば伝えるほど周りの先輩が答えてくださるので、本当に信頼しています。 新人の私にもチャレンジの機会をたくさん与えてもらえているので、次のお仕事がどんなものなのかいつもワクワクしています。今は早く実力をつけて、そんな先輩たちの役に立ちたいと思っています。

  • 所属する部署と業務内容の魅力

    私の所属している"クリエイティブフロント"では主に外部のお客様からのお仕事を受けています。斬新で新しいアイデアを求められることも多く、そんな時には思いっきりはじけた案を出してみたりします。 会社全体に言えることですが、新人でもどんどんチャレンジさせてもらえるのでとても充実した毎日を過ごせています!

  • モチベーションを上げるために工夫していること

    同じチームの先輩のお仕事を覗きに行ったりします。自分では思いつかないような表現や、すごいスピードで仕事を進めているのを見ると、こんな風になりたい〜とやる気になれます。 これはお邪魔にならない程度に続けていきたい私の中の気分転換です笑

  •  
  • プライベートでチャレンジしていることや特技・趣味、マイブーム、家族やペットなどについて

    ゲームが好きで、いろんなことをゲームのように楽しんでやると不思議と良い方向へ進みます。自分の中で、この時間までにここまで仕事をすればお菓子が食べられる!とか、アイデアが採用されたら今日の目標はクリア!などのゴールを決めて、過ごしています。。

  • T3デザイン全体の魅力

    T3デザインは、日々助け合って、高め合っていける会社だと思っています。仕事の面でもそうですが、本当に素晴らしい先輩ばかりなので人間関係などからも学べることが多く、社会人としての初めての会社がここでよかったなと思いました。

      

企画営業の声

2018年度中途入社大友 翼Tsubasa Otomo

  • T3デザインを志望した理由

    自分 × T3デザイン = 成長
    自分 × 社長+同僚 = 笑顔  と感じたから。
    仕事をする上で、一緒に仕事をする仲間は一番大切だと思っています。全てが楽しいわけではないですが、その中で仲間の助けや自己成長で、一つずつ壁を越えられると信じています。 それを実現できる会社と思い、志望しました。

  • T3デザインでどんな仕事をしたいか?

    商品ができるまでには、沢山の人の想いがあります。 企業(メーカー)と弊社デザイナーの想いを繋ぎ、最終的には世の中で共感を得るものにすること。 そこに至るまでの重要な橋渡しとなる存在になりたいと考えていました。 ただ、進行管理でなく、提案や情報収集から共有など、「自分」という存在価値を高めたいと思っていました。

  •    

    T3デザインに入社して感じたこと

    ON/OFFがある会社だと思いました。 営業は、どのように円滑に案件を進行できるか、また売り上げを積んでいけるかを常に意識し、デザイナーは、試行錯誤しながらアイデアを絞り出し、どのようにクライアントの要望に応えられるかを考えています。
    集中している時は、静かな社内ですが、ディスカッションや休憩時間は、明るい声や笑顔が多くあります。 また、社員同士を尊重しているので、雰囲気が良く、入社した方がすぐに馴染める社風だと思います。

  • 所属する部署と業務内容の魅力

    一番の魅力は、二人三脚で仕事が出来ること。 営業として、様々な業界(化粧品、日用品、食品など)の商品企画やマーケティング部の方々と対面し、新しい商品の発売に向けて、共に進めていける点です。 もう一つは、社内のデザイナーと、企業の要望に対して、どんなデザインをご提案するかを考えていくところ。 企業・弊社(デザイナー・営業)が力を合わせて、一つの商品を生み出すことができる仕事です。

  • モチベーションを上げるために工夫していること

    社内においては、年齢や役職、職種に関係なく、先輩後輩ともコミュニケーションを取ることです。 その場を明るくし、社内を活気づけることも自分の役割だと思っていますし、自身もモチベーションが上がります。 社外においては、様々なものに興味を持ち、行動してみることです。 本を読む、音楽を聴く、ダンスする、友達と食事をする、映画を見る、洋服を買う。 自分への投資は、知識や感性の成長になり、様々な場面で負けないハートを作ってくれると思います。

  • プライベートでチャレンジしていることや特技・趣味、マイブーム、家族やペットなどについて

    20歳からダンスを通して子ども達に何か出来ないかと、様々な地域で活動をしてきました。 2011年の震災以降、福島を中心にチャリティー活動としてダンスのレッスンを行い、2015年以降は福島最大の式典「福魂祭」にて、子供たちを大きなステージで有名アーティストと共に立たせることが出来るようになりました。
    現在は、風評被害やイジメが無くなるよう、ダンスという枠に捉われず、子ども達の夢に対し、様々な活動を行っています。

  • T3デザイン全体の魅力

    企業の想いをカタチに出来る会社です。 これから世の中に発売される商品に携われ、紙(企画書)から商品化に至る過程を見ることができます。 それを店頭で見かけ、手に取る姿を見れた時に、嬉しさと共に、携わったメンバーへの感謝を感じます。 企業からも「商品が好調で」などと、お声掛け頂ける魅力のある仕事だと思います。 次はこんな商品をやりたいと思えば、自信を持って、その企業に提案できるのも魅力の一つです。

      

ウェブディレクター/デザイナーの声

2018年度新卒入社矢吹 拓也Takuya Yabuki

  • T3デザインを志望した理由

    志望した理由は様々ありますが、大きい理由は"常に新しい変化を求める会社"であるということでした。デザイン会社はどうしても業務の中でも末端を担う存在と捉えられていることが多いのが現状です。 ただ、T3デザインはなんでも変化をしながらチャレンジするんだ、どんどん世の中にアイディアを広めていくんだ、という力強さを社長の言葉や説明会、面接から感じました。 そこがすごく自分にとっては大きい志望理由です。変化したくない、安定が欲しいと思う会社も多く存在するのでそういう意味でもT3デザインは先進的だなと思いました。

  • T3デザインでどんな仕事をしたいか?

    もともと学生時代から様々チャレンジしてきたので、その延長線上でいろんなジャンルの仕事がしてみたいと考えてました。 デザインやディレクション、知識はなかったですがコーディングや撮影など多ジャンルに富んだ人間になるのが目標でした。

  •    

    T3デザインに入社して感じたこと

    入社前はクールでツンツンした会社かと思ってましたが、社内全体が良い意味で尖っていないというのはすごくギャップがありました。 みんなが緩やかな曲線で繋がっているような感じで和気藹々とすることもあれば仕事に対して真剣にコミュニケーションを図ったり、良い距離感であるような気がします。 そういう点では新卒でポンッと会社に入った自分からするとすごく働きやすい環境です。

  • 所属する部署と業務内容の魅力

    私は第二デザインという部署に所属しています。 業務内容は主にWEBを扱う仕事で、グループ会社のコーポレートサイト、ブランドサイト、ECサイト(モノを売るサイト)のディレクションや運営、企画、解析、デザイン、たまにコーディングをします。 場合によっては外部のWEB制作依頼を受けることもあります。 業務内容の魅力は、自分の仕事の成果が数字として直にタイムリーに現れるというところです。頑張れば頑張った分だけユーザーの声や行動に反映されるのでやりがいがあり面白いです。

  • モチベーションを上げるために工夫していること

    一流の〇〇に触れる機会を作ることです。〇〇の中にはデザインが入ったり、食、文化、建築、体験など様々です。 それだけでモチベは上がりますし、業務内で一流のものを作る簡単な近道だと思っています。 いつも三流のものに触れている人がいきなり一流のものを生み出せることはまずないと思っているので。。 とはいえ、この年齢で一流に触れる機会を作るのが大変ですが。。笑

  • プライベートでチャレンジしていることや特技・趣味、マイブーム、家族やペットなどについて

    学生時代は外見に気を使ったりしてましたが、今では内側から綺麗な人間になれるよう心がけています。具体的には食生活です。 集中したいときは、脳に栄養がいくように炭水化物を多めにとったり、身体が疲れたと感じたときはオレンジジュースでビタミンを摂取するとか。 ただ食欲を満たすだけでなく、食の気遣いをできる人間にプライベートからなっていきたいと思い実行しています。

  • T3デザイン全体の魅力

    他社には生み出せないデザインセンスが魅力の一つだと思います。コーポレートアイデンティティである「デザインになるほどを。」からもわかるように、T3デザインはアイディアを重視しています。 アイディアのプロが沢山揃っているので刺激的で日々勉強できるこの環境は非常に魅力であると思います。

      

新入社員の声

2018年度新卒入社齋藤 誉也Takaya Saito

  • T3デザインを志望した理由

    T3デザインは"パッケージデザインの会社"という認識で、会社説明会に参加したのですが、そこでエンタメグッズや、キャラクターグッズなどのデザインもしているということを知り、デザインの幅が広いこの会社に、興味を持ち始めました。(元々、自分がアニメやキャラクターが好きだったというのもあります。)

  • T3デザインでどんな仕事をしたいか?

    エンタメグッズのデザインや、パッケージデザインの仕事には、早く携わりたいと思っていたのですが、それだけでなく、アドバタイジングデザインの仕事もしたいと考えていました。 何故かと言うと、T3ではあまり、アドバタイジングデザインの実績が無かったからです。私は元々、専門学校で、アドバタイジングデザインを専攻していたので、自身が学生時代に学んできたことを、アウトプットし、会社に貢献できたらどれだけ良いだろうと、漠然と考えていました。

  •    

    T3デザインに入社して感じたこと

    正直、入社当初は、「自分がやりたいこと」と「自分がやるべきこと」のギャップはある程度感じていました。ですが、それは多分どこのデザイン会社に入ってもそうなんだと思います。部署の上司や上長も、しっかり悩み事や心配事を聞いてくれるので、気持ち的にはかなり楽になりました。

  • 所属する部署と業務内容の魅力

    私は第一デザインという、グループ内デザインを主とする部署に所属しています。業務内容は大きく分けて「入稿案件」と「デザイン案件」の2つに分けられます。業務内容の魅力として、「そのジャンルに詳しい人」がいっぱいいるので、様々なジャンルの知識を身につけることができるところです。

  • モチベーションを上げるために工夫していること

    最近は、デザインに関する書籍を読むようにしています。面白いデザインや、考え方に触れることで、まるで自分自身が一流デザイナーになったような気分になれます。知識も身につくのでかなりオススメです。

  • プライベートでチャレンジしていることや特技・趣味、マイブーム、家族やペットなどについて

    趣味はアニメ、漫画鑑賞です。好きな作品は、大友克洋先生の「AKIRA」、一色まこと先生の「花田少年史」、TRIGGER制作のアニメ作品「キルラキル」等々、その他にも色々あります!趣味の合う方が、この記事を見て入社してくれることを心から願います!!!

  • T3デザイン全体の魅力

    やはり、デザインの幅が広いというのは魅力の一つだと思います。 また、T3はまだまだ新しい会社なので、若い人材もすぐに活躍できる場であり、新しいことに挑戦しやすい環境でもあります。私も、この環境を活かし、様々なことにチャレンジしていきたいと思います。

      

デザイナー川島の1日

企画営業大友の1日