1. トップ
  2. その他
  3. 注目のコンビニパッケージをデザイナーたちで持ち寄ってみた~後編~

注目のコンビニパッケージをデザイナーたちで持ち寄ってみた~後編~

- その他

前回のあらすじ~

天の声:...みなさん、聞こえますか?前回のあらすじ....天の声です。前回に続きコンビニお菓子大好き3人のデザイナーに集まってもらいました。

渋谷のJ:今回も盛り上がっていきましょう、シズルチームデザイナーのJです。(以下J)
斉京:どこまで語ったっけ?デザイナーの斉京です。(以下斉)
かわし:こんなに長くなるとは思ってなかった...デザイナーのかわしです。(以下か)

天の声:さて、今回もタイトルの通り“注目のコンビニパッケージをデザイナーたちで持ち寄ってみた”というブログを書くため、お集まりいただきました。さぁとっととやってください。今日こそ、ここにある全てのパッケージデザインについて語り終わるまで帰れまテン!よろしくお願いします。

\\\ドーーーーーーン!///

お菓子集合写真

か:何度見てもやっぱり買いすぎてる!!!

1. アイデアは十分な糖分から、あま〜いお菓子編

1.1 THE Chocolate

J:それではさっそく...発売当時、SNSでもバズったTHE Chocolateのパッケージがリニューアルしていました!一番ベーシックなミルクチョコレートはリニューアル前のデザインのまま売っていましたので比較用に買っときました。

THE Chocolate

斉:当時、すごかったですよね...ツイッターとかでもパッケージに絵を書き足したり、ネイルやピアスにしていた人もいました!
か:開発担当者の言葉も話題になってましたよね!たしか上層部に反対された時「あなたの世代がターゲットじゃない!」みたいなことを言ったっていう。SNSでそこだけ見たときはなんだかびっくりしちゃいましたけど、真相はもっと穏やかな説得だったみたいですよ!
「あなたの年代がターゲットではない」上司へ放った“あのひと言”の真相|明治のチョコレート革命

THE Chocolate2

J:それにしてもリニューアルで意外と変わったねぇ〜。
か:ベースカラーとか全体的に濃くなってますね!中のチョコが結構ビターで本格的な味だったので、商品の印象には近いた感じですね。
斉:味や香りも変わったみたいだね。国の名前とフルーティとか風味の表記がある!
か:中央の柄も前の幾何学っぽいのからイラストレーションに寄りましたね。あ!ここアルパカがいる!
斉:ほんとだ〜こっちはオオハシがいる!それぞれの国をイメージしたモチーフが隠れているのかな。
J:色味も本当にいいね。店頭でもすごく目立ってたし。ほら、裏も可愛いよ。

THE Chocolate3

か:ほんとだ〜なんだかそれぞれの国から来たお手紙みたいですね!
斉:今までは確かカカオのパーセンテージとかで色が違ってたけど、切り口が変わったね。
J:こういう裏の細かいところってみんな見るのかな?
か:私は結構こういうメモリとかグラフみたいなの好きですよ!
斉:これだけ種類が並んでると、選ぶときにこういうところを指針にして買ったりするよ。私は結構ビターなのが好きだからカカオ感とかロースト感が高めのブルーを選ぶかなぁ。

天の声:ちょっとちょっと、またすんごい喋ってるよ?ペース大丈夫かい?
斉:あ、本当だ。ついつい語っちゃう...。
J:語ることが尽きない、こだわりと熱量を感じるパッケージデザインだったね。

1.2 パイの実 贅沢シュークリーム

斉:続きましてこちら...皆さんご存知パイの実の贅沢シュークリーム味。

パイの実 贅沢シュークリーム

J:斉京さんは、なんでこの商品を選んだんすか!?
か:急にインタビュアーっぽくなった笑
斉:このパッケージの1番のポイントとしては、このシャンパンゴールドと大きく入ったシズルの贅沢感、ですかね...。
か:いつものパイの実の雰囲気と結構違うな〜。あ、リスさんたちも服着せてもらってる!かわいい〜^^
J:やっぱりこういう贅沢感ある商品をデザインするときは、蒸着紙、ゴールドとか加飾の使い方が重要だよね。
斉:いつもは緑と茶色が主要カラーで、イラストの面積も大きいからね。カジュアルな雰囲気だけど、今回はこのぷっくりと溢れるクリームのシズルからも良い贅沢感が出てますよね!

か:よだれも溢れてきました...食べてみたい〜(チラッ)
天の声:どんだけ食べるの...これ終わったらね。

1.3 アポロ マイスタイル

か:さて、お次は...こちらのアポロマイスタイル!ずっとかわいいなって思っていたんです!

アポロ マイスタイル

J:少し前からグミやアメだけじゃなくてチョコレートとかもこういう小さいパウチで出てきたよね。オフィス需要とか、女性の小さいバッグでも気軽に持ち運べる様に出てきてるみたいだね。
斉:フック穴つきのパウチ商品がいっぱい並んでるコーナー、ついつい見ちゃいますよね笑
か:そうなんです!その中でもいいな〜って思ったのはこのマットとツヤの両刀!
斉:両刀?笑 かわし、ポケモンとかのゲーム用語がちょくちょく出るよね笑
か:すみませんっっ。えっと両使い?とにかくうまく使い分けてるってことです!他の商品で良いなって思うものも、この使い分けが上手なものなんですよね〜。

アポロ マイスタイル2

か:そしてなによりここォ!タイトルの刺繍と上のギザギザカットが、とんでもかわいい〜。
斉:本当だ!細かいし...ぷっくりしててかわいい。
J:上のギザギザも開封とかには関係ないのにわざわざつけたんだろうね。こまかいこだわりだ...。
か:なんとなくいちご感もあって良いですよね!こういう一見ありそうでなかった細かいこだわり、ギミックが私にはぶっ刺さりました!

1.4 焼きマロン

か:さらにさらに...デザイン加飾性癖にささったものを、もう一つ紹介させてください!こちらの焼きマロン!

焼きマロン

か:形が〜〜〜!!(大興奮)

J:ここにきてすごいテンションになったな。笑
か:Jさんもこれ良いって言ってたじゃないですか!焼きマロンで栗の形。どストレートな表現だけど、意外と作るの大変だと思うんです。コストとかコストとか...
斉:確かに四角いものが並ぶ店頭で、これだけ個性のある形状されたら目立つね〜。

か:あとこちらもマットとツヤの使い方がよくって...
天の声:時間がそろそろやばいよ〜写真撮って次の紹介に行こう。
か:でもこの形が映えることによって、うんたらかんたら...

天の声:じゃあ頭にそれ乗せて、ハイチーズ(パシャ)

焼きマロン2

斉:やっぱり、かわしを写真撮ると素材画像感すごいな..
か:えぇ...

2. 【特別編】個人的に気になったモノ

天の声:はい。じゃあ次はとにかく個人的に気になったコンビニパッケージ編ですよ〜。あんまり長いと読むの疲れちゃうから!ここは端的にお願いします。

2.1 モンスターガーリック味ポテトチップス

か:はいはい!連続になりますが私に語らせてください!昨日発見したてホヤホヤ超季節性商品。ヤマヨシさんのポテトチップスです!(収録当時はハロウィン直前でした)

モンスターガーリック味ポテトチップス

J:すごいインパクトだね!
斉:こういう顔が大きく出てるのって目が合ってしまうよね〜。
か:そしてこれ!違和感ありませんか?ここの真ん中のところ...実はこれ通常のポテトチップスの袋と裏表が逆なんですよ!どういうことかと言いますと...

モンスターガーリック味ポテトチップス2

か:こんな感じでパーティー開けをすると、モンスターの口からガーリックの香りがぼわわわ〜んっと。
斉:そういうことか!口からポテトが飛び出してくる感じなんだ!おもしろい〜。
J:このデザインだったらここから開けるしかないね 笑 インパクトだけじゃなくて、みんなで食べる楽しさみたいな工夫がいいね。
か:ハロウィン限定にしてはもったい無いアイデアだと思っちゃいました!こういう仕組みのもっと増えないかな〜。

2.2 チョコボール あんこ玉&きなこ玉

斉:続きましては...こちらのチョコボール!私はこれが大好きなんですよね〜キョロちゃん☆
か:(今日の中で一番テンション高い...笑)

チョコボール あんこ玉&きなこ玉

斉:チョコボールは、今ね、コンビニでこれだけ展開してまして...ノーマルとか大玉シリーズとかはよく見るんだけどね...
J:なんかカラーリングが違うのがある!
斉:そうなんですよ!キョロちゃんって、ピカチュウみたいにフォルムチェンジしつつ、基本このスタイリングでやってるんだけど、今回このお着物を着てるのがね...可愛いんですよ...!!!

チョコボール あんこ玉&きなこ玉2

J:本当だ。ちょこんと正座もしてる。笑
斉:そう!もうほんとに可愛くて...この全体のデザインも和風で風呂敷に包まれているみたいなのも、カラーリングも...すべてかわいい〜。キャラクターを使ったお菓子のパッケージっていっぱいあると思うんですけど、長い間愛され続けていまだにキョロちゃんとして看板を背負っているのってすごいなって...私もそんなキャラクターを作りたいなと思いますね。
か:確かに...愛され続けるキャラクターってなかなか作れるものじゃないですよね。
斉:そしてチョコボールといえば、金のエンゼルが出るかですよね!開けて見ますか!





デレデレデレデレデレ〜〜〜〜






チョコボール あんこ玉&きなこ玉3



ジャン!!





チョコボール あんこ玉&きなこ玉4

全員:いや、裏かい!!

(ちなみにハズレでした。)

2.3 トムヤムクンヌードル

トムヤムクンヌードル

J:最後は...こちら.......えっと...
か:!?これなんて読むんですか?
J:えー...(裏を見つつ)ヤムヤムさんのトムヤムクンヌードルですね。このパッケージの注目ポイントとしては、日本のパッケージってネガティブな辛さの表現をあんまりしないんだけど、これは口の周りが赤くなっちゃうよ〜とか涙が出るよ〜って大きくグラフィックで出してるところなんですよ。
斉:は〜なるほどそういうことか〜。
か:確かに、唐辛子のマークが並んでいるとかの相対的じゃない、主観的な辛さの表現で面白いですね!笑斉:でも私これコンビニで見たことないかも。珍しいやつなのかな?
か:たしかに〜私も見たことないです。どこで買ったんですか?
J:あ、これコンビニじゃなくてKALDIです。




斉:え?(困惑)




天の声:え?(怒り)




か:で、でた〜!Jさんの天然だ〜(大笑い)

3. 【番外編】パッケージがなくなる!?ラベルレスとは

天の声:さて、ここまでコンビニパッケージについてたくさん語ってきてもらいましたがみなさんこちらをご覧ください。あ、ここからは番外編です。

ドスン!

いろはす

か:え!どうしたんですか突然。これは...いろはす爆買いですか?
天の声:まあまあ、開けてよく見てみなさい。

いろはす2

J:あ、これ今話題のラベルレスのペットボトルか!確かオンラインでのケース販売だからこそできる、ボトルにラベルがついてないてやつ?
斉:いろはすだけじゃなくって他にもたくさん出てましたよね〜。定期で買ってる友達もこれ買ったって言ってました。普通に凹凸だけのデザインが綺麗ですよね!

か:でもこれコンビニ関係ないんじゃ...
天の声:そ、そんなことない!ラベルレスはコンビニでも(一応)売ってるし、あとまぁ、上の人からこの話も語ってみてとの指令があって...
か:(天の声より上の人って...宇宙の声とか...?)

伊右衛門ラベルレス
▲ちなみに、コンビニに売られていたラベルレスの伊右衛門はネックPOPがついていました。流石に店頭で訴求なしは難しいですよね。猫チャン。

いろはす3

か:ラベルレスって、バーコードとか必要な情報どうするんだろ〜と思ってましたけど、箱の側面に入ってるんですね!
斉:基本オンラインでまとめて購入するものだし、味とか商品の訴求は購入ページまでにWeb上でできるから、1本1本に訴求はいらないのか〜。
J:ビニール袋有料化だったり、エコを意識した今の時代にもぴったりだし。いやぁ〜なんかやられたな〜。
斉:もしかするともうパッケージは地球のためにどんどん無くしていこう!なんて未来が来るのかもしれないね...。
か:えぇ!そうしたら私たちデザイナーはどうなっちゃうんですか!?

宇宙の声:(時代を先読みして、新たな前代未聞のパッケージを生み出していってください...。)

か:!?!?
斉:どうしたの?
か:今、宇宙からの声が聞こえたような...
天の声:まあパッケージがなくなっても、また新しくデザインをする部分が生まれて来るから安心しなよ。

いろはす4

4. 私たちのデザイン研究はまだまだ終わらない!

か:いやあいろいろなパッケージを語りましたねぇ。
斉:コンビニとかは特に商品の入れ替わりが激しいから、パッケージ研究はこれからも定期的にやっていきたいね!
J:弊社は結構、買ったお菓子見せ合いっことか、日常的にやってるしね(笑)

斉:あれ?こんなところにまだ話してないパッケージが...

コアラのマーチ

斉:季節限定のコアラのマーチ?あれこれは誰の紹介でしたっけ?
天の声:あ、それ僕が買いました。まじで、美味しいんで。

J:
斉:
か:

天の声:このパッケージは通常のコアラのマーチと違ってシズルが大きく...
か:か、勝手に語り始めた!!(本当は自分も語りたかったんだろうな...)

俺たちのパッケージデザイン研究は、まだまだ続く!
次のブログも、よければ見てくれよな!

T3デザインの食品パッケージ実績はこちら

関連するブログ